interview
社員インタビュー
管理部

飯沼

仕事を任せてもらえるというのは信頼されている証拠だと思っています

モトアップに入社するまで

モトアップに入る前の経歴と転職活動について教えてください!

飯沼

飲食店でホール兼キッチンとして4年間勤め、その後3年ほどゲーム会社の人事部に所属していました。人事部内では新卒から中途まで採用の事務業務に従事していました。
転職活動では業種は問わずバックオフィスができる会社を探していました。

バックオフィスを志望したのはどうしてでしょうか?

直近の職場は大きな会社だったので一人一人の担当業務がかなり細分化されており、まだまだ触れられていない業務が沢山あるだろうなと思ったからです。
飲食店での仕事も好きではあったのですが、4年間でかなり多くを任せていただき、やりきったなという思いがあったのでバックオフィスの道を選ぶ事にしました。

モトアップに入社しようと思った理由はなんですか?

中田社長が面白かったからですね。それまで受けてきた企業の面接とは違い、そんな事言っていいの?って思ってしまうくらい包み隠さず色々と話してくれたんです。
面白いと感じましたし、この人と働いてみたいなと興味が湧きました。
興味だけでなくて、「特殊な商材を扱っているけれど親御さんが心配しないか?」と聞かれて、今思うと生意気ですが「きちんとした会社なんだな」と思ったのも理由の1つです。


入社してから

現在はどのような仕事をされていますか?

飯沼

総務・人事・経理、更には他の職種に関わる仕事まで、自分が想像していた以上に色々なことに携わらせてもらってます!
今まで取り組んだ事のない仕事をさせていただいたり、それまで当たり前だと思っていた事がそうでなかったりと日々学ぶ事が多く、脳みそがどんどんアップデートされていく感覚があります。

仕事をしていく中で、どのタイミングでやりがい感じますか?

バックオフィスだと目に見える指標やがどうしても少なくなりがちですが「仕事の報酬は仕事」と考えているので新しい業務が始まった時はやりがいを感じます。
あとは、皆が自分の仕事に集中出来ていたり過ごしやすそうに働いている姿をみているとやってよかったなと思えますね!

「仕事の報酬は仕事」という考え方、とても大切だと思うのですが、そう思えるようになったきっかけや、そう思うことで良かった点はありますか?

きっかけは学生時代で、自分達で何かをやり切ったことで見えるもの感じるものが変わり、経験に優るものは無いと知ったからです。
この考え方を持つようになってからは自分自身が心身ともに健やかでいられるのが1番良い点です。
仕事を任せてもらえるというのは信頼されている証拠ですし、期待に応えようというモチベーションにも繋がります。


今後について

仕事をしている上で意識していることはありますか?

飯沼

職種柄色んな人からそれぞれ頼み事をされることが多いのですが、声をかけられやすいフラットな状態でいよう、というのは意識しています。仕事に左右されて忙しい雰囲気が出てしまうと頼めるものも頼めなくなってしまうだろうなと思うので。

それで毎日よく笑ってるんですね!

いつも笑っているのはツボが浅いのと、社員の個性がかなり豊かでそれぞれに魅力的な人が多いからです(笑)
おかげでいつも楽しく働かせていただいています。

個性的な人が多いという事ですが、その中で共通している部分は何だと思いますか?

意思が強く柔軟性がある部分です。
意思と言っても自分の主張を通す意思ではなく、何かをやり遂げる意思の強さを感じます。
また、常に新しいことにチャレンジし続けている会社なので柔軟性も兼ね備わっているなと思います。

今後の目標や展望はありますか?

まだまだ会社としての仕組みなどが固まっていないので少しずつ解消して全員が効率よく働ける環境を作っていきたいです。
結果的に個人としてもそれに伴った成長が出来ていれば良いなと思っていますが、まずは周りの人にとって良い会社にできれば嬉しいです。

貴重なお話ありがとうございました!