interview
社員インタビュー
Sales

渡部

自分達がイノベーションを起こせば「業界を変えられる」

ナンバーワン営業時代から入社まで

まずこれまでのご経歴を教えてください!

渡部

最初は新卒で営業会社に入社し、2年間通信系のCtoC営業を行っていました。昔から独立したいという想いがあったんですが、その会社でトップの成績を出すことで自信もついたので、退社して独立に向けて動いていたんです。
そんな中で色々な方にお会いしたんですが、その中の一人がモトアップの代表の中田だったんです。

そこで出会われたんですね!実際にお会いしたときはどんな話をされたんですか?

中田と話したときに「独立するよりも成長できる環境で一緒にやらないか?」と誘いを受けたんです。
当時はモトアップもまだ5名程の小さい組織でしたが、メンバーのレベルが高く個人個人が持つ裁量も大きいので、ここでなら自分の培ってきた能力を最大限生かせると感じました。

ではそこで入社を決意されたんですね!

そうですね。独立しようと動いていた時から「どんな市場でどんなものを売っていくのか」ということはすごく考えていて、そういう意味でも他社の手を出していない業界で事業展開することにすごく可能性を感じました。
ただ当時のモトアップはまだまだ営業力がない組織だったので、僕の営業力を活かせるということでお互いのニーズがマッチした形で入社を決めました。


入社後~従業員数名の時代から現在まで~

ではまず入社された当時はどういった業務を行われていたんですか?

渡部

現在では商品も安定して動画やパンフレットで商品を提案することが出来ますが、当時はまだ立ち上げの段階で商品もない状態だったので飛び込みで手元の写真を見せながら提案していました。

本当に最初の段階だったんですね!では売上だったりも作れない状態だったんですか?

いえお客様からの要望をヒアリングして、「それならできるので契約してください」といった形で契約を頂いていました。なので最初のお客さんは導入待ちの状態でしたね。

すごい営業力ですね!どのくらいの期間そういった形で営業をされてたんですか?

半年から1年くらいですね。ただ動くことで市場調査やリード獲得にも繋がっていました。

そんな経験を経て一番の成功体験や、やりがいを感じた瞬間はいつですか?

POSシステムという商品のゴールや方針を決めたことですね。結局POSレジってどこまでやればゴールなのかってわかりにくい部分が結構あるんです。
正直レジのシステムだけならコンビニで使われているようなものでもできるんですが「TRUST」では給与明細まで出すことが出来るという付加価値があるんです。逆にこうしたゴールを決めないと延々と機能要望に追われてしまうので…
結果的に開発等も落ち着いたことで、顧客数も大幅に増加させることができました。


現在の業務について

営業部門の中心としてご活躍されていると思いますが、具体的にはどういった業務を行っているんですか?

渡部

営業なのでお客様を増やすことが仕事なのはもちろんなのですが、今は営業部門だけでなくマーケティングや、カスタマーサクセスなどのメンバーと協力しながら業務を行っています。より多くのお客様のお役に立つためには僕らがお客様の声を正確に開発メンバーへ伝える必要があるので、それも非常に重要な仕事ですね。

すごいですね!でもそこまでやられていると相当お忙しいんじゃないんですか?

今は各部署のメンバーが責任を持って仕事をしているので、大変というよりは「自分もやらなきゃ!」という使命感のほうが大きいです。むしろ、僕はまだまだ営業の仕事しかできないのでマネジメントや企画、商品開発など事業サイドの仕事もどんどん覚えていきたいです!

向上心が強いんですね!ちなみに営業の方は1日どういった業務を行われているんですか?

今入社1年半くらいのメンバーでいうと、まず午前は契約を取れたお客様に関してのミーティングや見込み客の管理や資料作成を行っています。午後は月100件ほど入ってくるインバウンドのお客様に対しての、アポ取りや訪問を行っています。

では営業としての1番のやりがいを教えてください!

今の世の中って「お客様がある程度価格を知っているものを売る」ことがほとんどだと思うんです。しかしPOSレジという商品はまだまだ認知度も低く、浸透していないんです。だからこそAppleがiPhoneで業界を変えたように、自分達がイノベーションを起こせば「業界を変えられる」ことが1番のやりがいだと思います。

どんな方が御社の営業には向いていると思いますか?

チームの一員として「商品を広めていきたい」「業界を変えたい」という想いがある人ですね。正直成長なんていいから個人で売り上げを挙げて、稼げればいいという考えの方は不動産の営業のほうがいいと思うんです。モトアップのミッションにもある「人生にわくわくを。」という言葉通り、ただ売るだけではなくその先に待つ未来に「わくわく」できる人が向いていると思います。


これからの目標~求職者に向けて~

ではずばり渡部さんの個人的な今後の夢を教えてください!

渡部

夢は30代で100億円稼ぐIT会社を創ることです。すごくざっくりしていますが、100億円稼ぐような会社ってそれに見合ったビジョンを持たなければいけないと思うんです。そういう意味でも、まずはモトアップでマネージメントなど責任の大きな仕事を任せてもらえるようになって、夢に向かって成長していきたいですね。
モトアップは、やる気があればどんどん仕事を任せてもらえる環境ですし、事業会社の立ち上げや経営を経験している先輩も社内に居るので、学ぶことはまだまだたくさんありますね!

壮大な夢ですね!では会社としてはいかがですか?

会社としてはTRUSTの契約店舗を現在の10倍の3000店舗に増やすことです。
ただ全国的に展開しないと難しい部分なので、各地方での独立制度なども考えています。

では最後に求職者の皆さんに向けて一言お願いします!

まず現在働いている業界がIT業界ではなく不安な方もいるかと思いますが、知識は後からついてくるので大丈夫です。自信をもって言えることですが、モトアップでの営業経験はどこにいっても確実に通用すると確信しています。モトアップの「ミッション」「ビジョン」「バリュー」に共感し、共に「わくわく」できる人をお待ちしています!

貴重なお話ありがとうございました!